奈良市 借金返済 法律事務所

借金返済など、お金の相談を奈良市在住の方がするならコチラ!

債務整理の問題

奈良市で借金・債務などお金の悩み相談をするならどこがいいのか、迷ったり悩んだりしているのでは?
せっかく相談するのであれば、優秀な弁護士や司法書士がいる法律事務所・法務事務所を選びたいもの。
ここでは、インターネットで無料相談ができる、おすすめの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
もちろん奈良市に対応していますし、相談は無料でできるので安心です。
直接相談をいきなりするのは少し気後れする、と思っている方にもおすすめです。
多重債務・借金返済のことで困っているなら、まずは司法書士や弁護士に相談して、解決への道を探しましょう!

奈良市に住んでいる人が債務整理・借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

奈良市の多重債務・借金返済解決の相談なら、この事務所がおススメ。
弁護士対応で、全国対応の法律事務所。
初期費用が無料なので、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士料金の支払は、分割払いもOKです。
相談料ももちろん無料!
借金督促のストップも可能。
任意整理、過払い金、個人再生、自己破産、など、債務や借金について無料相談できます。。
しかも、24時間365日、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(電話料無料)で相談受付できるので、借金返済で困っている人も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、借金や債務の悩みを相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに合ったやり方で、どうにもならない借金問題を解決します。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻せた過払い金から支払できます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などは一切取らないため、お得に解決することが可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人も安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国対応の司法書士事務所なので奈良市の人も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場に悟られないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



奈良市周辺の他の弁護士や司法書士の事務所紹介

奈良市には他にもいくつかの弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●奈良弁護士会
奈良県奈良市中筋町22-1
0742-22-2035
http://naben.or.jp

●山本泰生司法書士事務所
奈良県奈良市芝辻町2丁目10-26新田村ビル2F
0742-36-0616
http://sihoshosi.com

●司法書士やまとみらい法務事務所
奈良県奈良市法華寺町1-5
0742-30-6360
http://yamatomirai.net

●司法書士大野法務事務所
奈良県奈良市鶴舞東町2-11松下興産ビル301号
0742-52-0855
http://ono-houmu.com

●奈良駅前債務整理相談センター(奈良法律事務所)
奈良県奈良市中筋町5-1
0742-23-1875
http://nara-saimuseiri.com

●樋口司法書士事務所
奈良県奈良市秋篠三和町2丁目11-2
0742-44-5100
http://h-syoshi.com

●上松法律事務所
奈良県奈良市花芝町6
0742-81-7162
http://ocn.ne.jp

●山岸憲一司法書士事務所
奈良県奈良市高天市町11-1
0742-20-1821
http://kcn.ne.jp

●はなしば法律事務所
奈良県奈良市花芝町16-1第2丸谷ビル2F
0742-20-0300
http://hanashiba-lo.com

●M本司法書士事務所
奈良県奈良市東包永町71-2
0742-20-0550
http://daibutu.machimado.com

●松本・板野法律事務所
奈良県奈良市登大路町11-1登大路プラッツ3F
0742-20-6686
http://matsumoto-itano.com

●ALEX綜合法律事務所
奈良県奈良市学園南3丁目1-5奈良市西部会館7階
0742-52-7330
http://alex-law.jp

●かえで司法書士事務所
奈良県奈良市西大寺本町2-20プラムキャッスル605
0742-30-1245
http://kaede28.com

●森田功司法書士事務所
奈良県奈良市油阪町456MIT第2森田ビル4F
0742-22-1532
http://web1.kcn.jp

●南都総合法律事務所
奈良県奈良市高天町10-1
0742-26-2100
http://nantosogo.net

●大阪芙蓉法律事務所(弁護士法人)
奈良県奈良市高天町48-5
0742-24-7751
http://osakafuyo.jp

●奈良合同法律事務所
奈良県奈良市登大路町36大和ビル4F
0742-26-2457
http://naragodo.com

●奈良県司法書士会
奈良県奈良市西木辻町320-5
0742-22-6677
http://narashihou.or.jp

●奈良学園前村上司法書士事務所
奈良県奈良市学園北1丁目14-5平本ビル3階
0742-81-3371
http://murakami-shihou.jp

奈良市にある地元の法務事務所や法律事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ですが、直接相談よりも、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気軽に相談できるのではないでしょうか。

多重債務に奈良市で弱っている状況

借金がものすごく増えすぎてしまうと、自分一人で完済するのは難しい状態になってしまいます。
アッチでも借り、コッチでも借り、多重債務で借金がどんどん増えていくと、もう利子を払うのさえ苦しい…。
1人で完済するぞと思っても、どうにもならないことはどうにもなりません。
親や親戚などに頼れればましですが、結婚をもうしていて、配偶者に知られたくない、なんて状態なら、よりいっそうやっかいでしょう。
そんな状況ならやはり、弁護士・司法書士に頼るしかないのではないでしょうか。
借金を返すための知恵や方法を捻出してくれるでしょう。
月ごとの返済金を大幅に減らしてもらい、長期返済できるようにしたり、過払金を返還してもらい、返済金を減らしてもらったり、などです。
どうしようもなく困っているなら司法書士や弁護士に相談してみませんか。

奈良市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|借金返済

債務整理にも様々なやり方があり、任意でローン会社と話しをする任意整理と、裁判所を通した法的整理である自己破産、個人再生等々の種類が在ります。
じゃあ、これらの手続きにつきどんな債務整理デメリットがあるのでしょうか。
これ等3つの手口に共通している債務整理の不利な点と言うと、信用情報にその手続をやった事が記載されてしまうという点です。俗にブラックリストというふうな状況に陥るのです。
とすると、おおよそ五年〜七年位の間、クレジットカードが創れなくなったりまたは借金ができない状態になったりします。けれども、あなたは返済するのに日々苦しみ抜いてこの手続をおこなう訳ですので、もう少しは借り入れしないほうが良いのではないでしょうか。じゃローンカード依存にはまっている方は、逆に言えば借金が不可能になることでできなくなる事により助けられるのじゃないかと思われます。
次に自己破産や個人再生の債務整理の欠点ですが、官報にこれらの手続きを進めた事実が載るということが上げられます。しかし、あなたは官報など読んだことがあるでしょうか。逆に、「官報ってどんなもの?」という方のほうがほとんどじゃないでしょうか。
実際のところ、官報は国が作成する新聞のような物ですが、貸金業者等々の一部の人しか目にしません。ですので、「自己破産の実情が御近所の方々に知れ渡った」等といった心配はまずもってありません。
終わりに、破産独特の債務整理デメリットですが、1回自己破産すると7年間は再び自己破産出来ません。そこは留意して、2度と自己破産しなくても大丈夫なようにしましょう。

奈良市|自己破産のリスクってどんなもの?/借金返済

はっきし言って社会一般で言われている程自己破産のリスクは少ないです。マイホーム、高価な車、土地等高額な物件は処分されますが、生活していくなかで必ず要る物は処分されないです。
又20万円以下の預貯金も持っていてもいいです。それと当面の間数箇月分の生活する為に必要な費用一〇〇万未満なら取り上げられることはないです。
官報に破産者の名簿として載るがこれもごく一部の方しか見てません。
又言うなればブラックリストに記載され7年間の間はキャッシングもしくはローンが使用出来ない現状になりますが、これはいたしかた無い事なのです。
あと定められた職に就職出来なくなるという事も有ります。だけれどもこれもごく特定の限られた範囲の職種です。
ですから債務超過で返済する事の出来ない借金を抱え込んでいるのなら自己破産を実施するというのも一つの手でしょう。自己破産を実行したらこれまでの借金が全くゼロになり、新たに人生をスタート出来るという事で長所の方が多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として司法書士や公認会計士や税理士や弁護士などの資格は取り消しされます。私法上の資格制限とし後見人や遺言執行者や保証人にもなれません。また会社の取締役等にもなれないでしょう。だけれどもこれらのリスクはさほど関係ないときが多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きな物ではないはずです。